日本玩具文化財団トップページ

おもちゃ情報

知る・考える

見る・体験する

参加する・貢献する

買う・楽しむ

テディベアの歴史

テディベアの歴史は、1902年、ドイツ シュタイフ社のリチャード・シュタイフが、良質なモヘア地を使い、 頭・両手・両足を動かすことのできる5ジョイントのくまのぬいぐるみ「PB55」を開発したことから始まります。 そして2002年、このくまのぬいぐるみが生誕100年を迎えました。 100年という長い年月の間、テディベアは常に変化し続けてきました。 目は、最初の木や皮で出来ているブーツボタンからガラスへと変わり、現在はプラスチックの目が多く使用されています。 素材は、当初からモヘアフラシ天が使用され、物資の不足した戦時中には代用素材が使われたこともありました。 詰めものは、木毛からパンヤ、そして現在の主流は化繊綿へと変わっています。

テディベアの歴史

1902 11月12日、セオドア・ルーズベルトは狩猟旅行に出発するが、熊は一頭も、しとめられない。
11月16日、クリフォード・J・ベリーマンは、ルーズベルトが熊の子の射殺を断っている場面の風刺漫画を
≪ワシントンポスト紙≫に掲載。
漫画の題名“一線を画す”は、ルイジアナ州とミシシッピ州の州境論争を解決しようというルーズベルトの
試みを暗示している。
ドイツ シュタイフ社では、リチャード・シュタイフの提案で、毛足の長いモヘヤで作られたくまのぬいぐるみ
「PB55」が考案された。
1903 1903年~1908年にかけ、シュタイフ社は工場を3度も拡張。この時期を“ベア年”と呼ぶ。
モリス・ミットムは、アイデアル・ノヴェルティ社を設立し、アメリカ初のテディベアメーカーとなる。
1904 シュタイフ社では、糸ジョイントの「PB35」、金属ジョイントの「PB28」を新しく開発。また、フランツ・シュタイフの考案で、すべてのシュタイフの製造品には、ゾウが刻印されたメタルのボタンがつけられることになった。
1905 シュタイフ社では、現在の標準仕様となっているディスク・ジョイントの「PAB」が誕生。
シーモア・イートンの≪ルーズベルトベアズ≫の詩がアメリカの新聞に掲載され、その影響で洋服を着た
ベアが次々と製造される。
1906 5月、玩具業界誌≪プレイシングス≫に初めて“テディのベア”が掲載される。
短命のメーカーがアメリカでたくさん創業される。
1907 シュタイフ社は、97万5千頭のベアを生産する。この記録はいまだ破られていない。
1908 J・K・ファーネル社により、イギリスのベア産業が開始される。
シュタイフ社とドイツの会社の間に“ボタン・イン・イヤー”の訴訟が起きる。
1913 ヘルマン社初のベアが製造される。
1914 1914年~1915年、イギリスでドイツ製品の輸入が禁止されると同時に、ぬいぐるみ産業が起きる。
1919年~1921年、シュタイフ社では、フラシ天不足のため、イラクサを加工した素材でベアを製造。
1920 1920年代~1930年代、ドイツ製品の輸入が禁止されたため、イギリスのメーカーが台頭していく。
メアリー・トゥーテルの≪ルパートベア≫がイギリスの≪ザ・デイリー・エクスプレス≫紙に初登場。
1921 シュライヤー社が「シュコ」を商標登録し、イエス・ノー・ベアで特許を取る。
1925 1925年~1928年、2色混じりのモヘヤが普及。様々な新案のベアが製造される。
1926 ピエロ帽と飾り襟をつけたベアが人気を博す。
10月、≪くまのプーさん≫をメシュイン社が出版。
1929 経済恐慌の影響で粗悪なテディベアが製造される。
人絹のベアが初めて広告に登場。
1930 メリーソート社、創業。
シュタイフ社、後に他社に影響を与えることになる個性的なテディベイビーとディッキーを発売。
1930年~1935年、クマのプーさん玩具やゲームを様々なメーカーが製造する。
1930年代、新しいデザインや形のテディベアが登場。
1937 イギリスで、ジョージ6世の国王戴冠式に刺激され、赤白青の愛国的なベアが製造される。
1938 チャド・バレー社にエリザベス女王より王室御用達認可証が授与される。
1940 1940年~1945年、材料不足のためメーカーは生産高を減らし、代用布地、今までより短い四肢や鼻面の
デザイン、ジョイントなしの首などにより節約作をとる。
1944 「スモーキーベア」が全米森林火災防止キャンペーンのシンボルとなる。
1945 身近にある材料でベアが作られた。シープスキンをモヘアの代用品に、サブ(繊維くず)がパンヤの代わりに使われる。
1947 1947年~1948年、ドイツのアメリカ占領地区で新会社を設立する会社が続出。「Made in US Zone」を加えたラベルがベアにつく。
1947 1950年~1953年、合成繊維が初めて商品に使用される。
1950年代、日本のぜんまい仕掛け(のちには電動式)のベアの到来により、ドイツの会社がいくつも消滅。
1951 シュタイフ社、新デザインのゾッティを売り出す。
1952 ビニール製の鼻づらが、アメリカのメーカーによって取り入れられる。
1953 “スモーキーベア”が全米森林火災防止キャンペーンのためにアイディアル社によって製造される。
シュタイフ社、ジャッキーというまったく新しいデザインのベアが発表された。
1954 ウェンディ・ボストン社が丸洗い可能なナイロンのフラシ天、安全な目、フォームラバーの詰め物を使った
最初のベアをイギリスで試験的に販売。
1955 ウェンディ・ボストン社は、洗濯機で洗えるベアの実演宣伝をBBCテレビで開始。フランスのブルゴム社が
同様のベアの製造を開始。他のメーカーもこれに続く。
1957 メリーソート社が耳に鈴の入った「チーキー」を製造。他のイギリスのメーカーもこの特徴を模倣。
1958 マイケル・ボンドが≪くまのパディントン≫をイギリスで出版。
1964 セオドア・ルーズベルトの孫が初期のアイディアル社製ベアをワシントンDCのスミソニアン博物館に寄贈。
1969 イギリスの俳優、ピーター・ブル、≪ベア・ウィズ・ミー≫を出版。ベア・ブームのきっかけとなる。
1970 1970年代、多くの会社が東南アジアに製造の拠点を移す。
1980 デイキン社がモスクワオリンピックのマスコット、ミーシャを製造。
シュタイフ社、アンティークのレプリカを限定で作り始める。
1981 “ベア・アーティスト”という言葉が≪USドール・リーダー≫に初登場。ベアアートブームがアメリカとイギリスで起こる。
『テディベアとその仲間たち展』が日本各地で開催される。
1982 メリーソート社が特別版コレクターベアを製造。
1983 バニー・キャンピオンがサザビーズのベア・コレクター向けオークション用にテディベアを製造。
1984 シュタイフ社、初の丸洗い可能な軟らかい詰め物を使ったジョイント付きのベア、ペッツィーを製造。
1985 『グッド・ベアズ・オブ・ワールド』は1985年を国際テディベア年と定める。
1985 世界初のテディベア博物館がベルリンで開館。
1992 テディベア生誕90年。『シュタイフクラブ』設立。
『ジャパンテディベアファンクラブ』発足
1993 『日本テディベア協会』発足
1996 『シュタイフクラブジャパン』発足。
1996 マルガレーテ・シュタイフ生誕150周年を記念して『ドイツ シュタイフ博物館展』が日本各地で開催される。
2002 テディベア生誕100年。『テディベア生誕100年展』が日本各地で開催される。また、世界でも様々なイベントが開催される。

※ 各プロジェクト単位での表示となっておりますので、年代にばらつきがあります。

参考文献

  • 「テディベアのすべてが知りたい」より 若月伸一、佐藤豊彦著

Page Topへ ▲